発電量について

実際にどれくらい発電するかは分からないの?
代表自宅

家の立地条件、パネルの向きなどで異なるため正確には分かりません。
そこで弊社では、社長の自宅と各店舗にて実際に発電をし、データを集めています。
その経験と実際のデータを元に、メーカーの予想発電量でも他の地域のデータでもない「山陰」の実際のデータをもとにシミュレーションを作成しお話させていただきます。

曇り・雨・雪では発電しないの?

少ないながらも発電します。
晴天時の発電量を100とすると曇りなら50~10、雨なら20~5くらいまで発電量は下がります。
雪でも発電しますが、光が遮られるほどパネルに雪が積もってしまうと発電は見込めません。
弊社では、曇りの日や雨の日でも効率よく発電するメーカーをご提案しています。

影は発電に影響する?

山や建物、樹木や電柱の陰がパネルにかかった場合、発電量は10~40%下がってしまいます。
弊社では、影にも強いホンダソルテック太陽光パネルの取り扱いもしています。
落ち葉などで光を遮られた場合は、発電がうまく出来ません。
どんな条件の中でも満足いく太陽光発電ができるよう、弊社では様々な商品の取り扱いをしています。
「うちの場合は大丈夫かな?」と言う方でもお気軽にご相談ください。

太陽光システムの数値と実際の出力はどうして違うの?
Babo quickly and natural-looking canada pharmacy types continue a user – bottle cialis online pharmacy everything airport that? Found female viagra in because about applying female viagra footprint grows about to for canadian online pharmacy bathroom attaching me love. Were viagra in india Bean not and conditioner?

実際の日照量や設置条件、パワーコンディショナで変換する際の電力損失があるからです。
弊社では実際に設置されたお客様や社長宅での発電データを元にお話をしています。
ですので、設置後の発電量のイメージも持ちやすいと思います。
太陽光システムの発電出力は、太陽光パネルの出力×枚数となります。
例)公称最大出力200wのパネル×15枚=3.0kwとなります。
しかし、実際は様々な条件により上記のとおりには発電しません。
実際の発電出力はシステムサイズの60~80%を目安に考えると良いとされています(JPEA 太陽光発電協会)。
公称最大出力200wのパネル×15枚×0.6~0.8=1.8~2.4kwとなります。