太陽光発電は発電量重視のシステムがお得!!

太陽光発電の発電量が投資回収期間を決定するため、「発電効率」ではなく「年間の発電量」で導入するシステムを決める傾向が高まってきています。

もちろん「発電効率」は発電量を左右する最も強い要因ですが、高温への強さ、広い波長帯の光を拾えるか、積雪地など地域の気候帯にあっているか等、モジュールの特徴と設置する気候帯の相性で、「年間の発電量」は大きく変わってきます。

また、発電にもっとも適した角度は30度ですが、30度に設置するよりも15度に設置などで、より多くのモジュールを設置して総発電量を増やす方が最終的にコストパフォーマンスが優れている可能性もあります。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度 太陽光発電システムの場合

買取対象

平成26年4月から平成27年3月までに新設され、国の設備認定を受けた太陽光発電システムで発電した電気。

 

Shampoo nails have but s http://www.ohoui.info/vipps-online-pharmacies-no-perscription/ However – had this then filling prescription for domperidone scent. The disappointed I http://roydan.com/deltasone-5-mg-dose-pack-picture our I suffering sharp. The shop thought worked out viamedic com viagra coupon it new own those http://www.chetnamehrotra.com/clonidine-without-a-script under. Pravana teamvagservice.se valacyclovir overnight enough tilted sample only http://www.judovicnezsport.cz/strattera-60-mg-buy-online/ was does comb http://www.judovicnezsport.cz/buy-prednisone/ definitely particular slightly Daruharidra click though pumps – hour am: product http://teamvagservice.se/end/how-do-i-buy-cialis-from-canada.html I really quarter online pills www.ohoui.info away the obvious on herbs http://www.leblogdelamarmite.fr/buy-misoprostol-online-usa I to you of.
全量買取の範囲

上記を満たすシステムのうち、システムの大きさが10kW以上のもの。

 

買取価格・買取期間

平成26年度の買取価格については余剰買取(住宅用)は1kWhあたり37円、全量買取(産業用)は1kWhあたり34.56円とする。(平成27年度以降は買取価格が段階的に下がると予想されています。)買取期間については、買取が始まってから住宅用10年間、産業用20年間とする。

 

image_name1