社長挨拶

代表取締役社長 糸賀 大輔

 創設者である初代の代表が会社を設立した2004年の当時から既に地球温暖化が予想を上回るスピードで進み、その解決策として太陽光発電が少しずつ注目を集めるようになってきました。

 

 また、世の中に存在する製品は日々進化し続け、私たちの生活も急速に変化し、それと同時にエネルギー資源は枯渇し、地球温暖化は悪化の一途を辿っています。

 

 今を生きる私たちが、次の世代の子供たちの為に「今」できる事は何でしょうか。

 

 次の世代の子供たちに残すべき、故郷島根の環境・産業を守っていきたいというのが弊社の想いです。
 その為には目先のことばかりを考えるのではなく、遠い将来を考えながら、いま為すことを考え着実に事業を前に進めていく事、そしてそのことが太陽光発電という20年30年と長く使い続けていく商品をお客様が安心して使い続けていただけることにつながっていくと信じています。

 

 これから再生可能エネルギーや省エネルギーに関して、時間の経過と共に様々な情報が交錯していくと思われますが、それらを環境問題全体の総合的な観点から精査し、本当に環境にプラスになる内容を実行していき、弊社に関わって頂いた全ての方々へ、感動を実感して頂ける会社造りをしていきたいと考えております。