太陽光発電奮闘記
太陽光発電奮闘記 - 太陽光発電はもっと安くならないのか? -

環境を守るためにできる太陽光発電。

しかし、正直太陽光発電は高い。
それは何故なのか?

それは原材料であるシリコンの値段が高いのが原因でした。

そんな中、Honda(ホンダ)は独自の太陽光電池を開発しました。シリコンを使わず、しかも薄膜太陽光電池パネルです。
この薄膜太陽電池は、銅、インジウム、ガリウム、セレン(CIGS)の化合物を素材とした薄膜で形成されていて、製造時から環境に優しい太陽電池といわれています。

ソーラープロジェクト大社では今主流であるシリコン系の太陽光電池とは違う、このHonda(ホンダ)の薄膜太陽光電池に注目しています。

また、島根県内は数少ないHonda太陽光発電システムの取り扱い業者として登録を受けています。
ショールームには、太陽光発電パネルの見本が置いてありますので、ぜひ見に来てくださいね。

良い物を安く、またたくさんの選択肢の中から、あなたに合った太陽光発電プランが提案できるよう日々研究を重ねています。
多くのお客様にご納得いただき、満足いく太陽光発電を導入してもらうこと。
これが私たちの使命だと思っています。